株式会社ディ・ディ・エス

DDS Engineering Company

May 23 2006

技術の進歩とは?

2006年05月23日

先日あるゴルフコンペに参加した時のことです。
最近のゴルフクラブの進歩について質問されました。

「チタンって、飛ぶんでしょ? やっぱり高い材料だから飛ぶんだよね」

う〜ん、ちょっと違うなぁ、と思いながらその場で説明すると夕方になっちゃうなぁ、
と、ここで独演会をやるのは避けたんですが、
これは技術を語る上では、いい題材ですのでお話しときます。

チタンと言うのは、鉄と同じような機械的強度を持っていながら、アルミ並の
重さ(比重)です。その上、とても錆びにくい。

ゴルフクラブ等を作るときは、軽い材料で作りたいのですが
アルミでは鉄より柔らかいので、強度を持たすために肉厚にしなくてはなりません。
そうすると、結局重さは変わらないなんてこともあったりしたわけです。

ところがこのチタンは、とにかく軽くて鉄並みの強度があるので、
今までステンレスで作っていたクラブヘッドと同じものなら、はるかに軽く作れる
ようになったわけです。

でも、ゴルフクラブはそんなにも軽くする必要はないので、その余裕が出た重量を
いろいろに使えるようになります。

まずヘッドを少し大きくしましょう。ヘッドが大きいと言うことは、スイートスポットは
大きくなり、少しくらい芯を外してもへっちゃらで飛びます。
今はあのタイガー・ウッズでさえ、アンパンのような大きなヘッドです。

大きくしてもまだ軽いので、重心位置を調整するの為に、好きなところに重りを
付けられます。
今のクラブは、底の奥の方にたいそうな重りがついています。

そのおかげで、チタンヘッドのクラブは低重心で、更に深い重心位置になり、
ボールは簡単に上がり、直進性も良くなっています。

重量に圧倒的な余裕があるから、これだけ好きなことをやれるわけで、
結果、チタンは良いわけです。

どうでしょう?

結果的には「チタンは飛んで曲がらない」ということなのですが、
実はそれは結果の話であって、チタンが弾くわけじゃないのであります。

・・・・・

技術と言うのは得てしてこういうものです。

そして技術屋は得てしてこういう事を、必死で説明したがるのですが(笑)
世間の人にはあまり重要なことではないらしく、
もっと重要なことを聞かれるのです。


で、スコアはどうだったの?

・・・・・(無言)





 
May May 2006 Jun
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

Archive

Last comments

by Loan at 2018-06-26 18:42
by Loans For Bad Credit at 2018-06-25 01:07
by Payday at 2018-06-22 18:46
by Best Payday Loan at 2018-06-21 23:54
by Speedy Cash at 2018-06-20 11:16
by Payday Loans at 2018-06-18 15:31