株式会社ディ・ディ・エス

DDS Engineering Company

Sep 15 2013

イプシロン

2013年09月15日

イプシロン、見事に成功しました!
2回ほど打ち上げ延期になって、ちょっとヤキモキしたのですが、
確認に確認を重ねた日本の技術は、やはりレベルが高いです。

イプシロンは、M-V(ミュー・ファイブ)と呼ばれた固定燃料ロケット
の後継機種ですが、実は私、このM-V最後の打ち上げを鹿児島内之浦で
見学していたのです。

あれが、2006年9月23日の打ち上げでしたから、ちょうど7年前という
ことになります。
あれから7年経ったなんて・・光陰矢の如し、オッサン老いやすく
お金成り難し、であります。


そしてもっと奇遇なのは、あの時はM-V製造会社の仕事をさせて頂いて
いた縁で見学させて頂いたのですが、
今は、なんと内之浦発射場の肝付町で、メガソーラーの建設に関わって
いて月に2度ほど伺っているという、何とまあやはり縁があるのでしょう。


あの時はメガソーラーなど思いもよらないことでしたが、
今回のイプシロン、打ち上げ費用はM-Vの半分以下の38億円とか。

これは、メガソーラーにすると15MW(15,000kW)規模の発電所の建設費
に相当します。
このクラスの発電所を作ると、年間約3700戸分の住宅の電気を賄うことが
出来るのですが、

最近の日本は、東京オリンピック開催も決まり、長く続いたジリ貧の雰囲気から
少しずつ脱却して本来の力を発揮しつつあるような気もして、
ロケットもメガソーラも、どちらも世のため人のためになれば良い、
と願う今日この頃です。

 
Sep 29 2006

宇宙用太陽電池2

2006年09月29日

わざわざ私が鹿児島まで打ち上げを見届けに行きましたM-Vロケットには、
太陽観測衛星が搭載されていて今頃は太陽電池を広げて発電していることと
思います(見てないけど)

さて、宇宙用の太陽電池は我々が扱っている太陽電池と何が違うのでしょうか?
少し調べてみましたので紹介します。

宇宙用は全然違うものかと思いましたが、基本的には地上用と同じ
シリコン系と、地上用ではあまり見かけないガリウム・砒素系が主流です。

しかし、宇宙空間は大気がないので、放射線量が地上に比べ非常に多い、とか
温度差が激しいとか、太陽光の波長が違うとか、軽くしなけりゃいけないとか、
高い信頼性が必要だとか、厳しい要求があるようです。

放射線が多い宇宙空間では、その放射線がシリコン結晶基板に欠陥を
作り、そこに移動中の電子がつかまってしまうそうで徐々に発電量が落ちて
くるので、それを防ぐために、或いは軽量化のために、セルを50ミクロンくらい
に極力薄くして電子の移動距離を少なくして劣化を防いでいたり、

あとは、宇宙空間では温度差が激しく(太陽光が当たればプラス100℃、
当たらないとマイナス180℃)その繰り返しに耐えるような、構造なり材質で
なくてはいけないし、

地上とは到達する太陽光線の波長も違うので、発電に不要な波長は
カットするコーティングをしたりしているそうです。

・・・・・・

そんな苦労を重ねながら、何年もかかって信頼性を確保して、地球民生用
に技術を転用したりしてきています。

なんでもそうでしょうが、技術は1日にして成らず、多くの人々の地道な情熱と
努力と気合で成り立っています。

サッカーは勝てなくても、ゴルフでも勝てなくても、

日本には技術があるじゃないか!と思い直す今日このごろです。


       JAXA HPよりSOLAR-B

 
Sep 26 2006

M-V打ち上げ成功!

2006年09月26日

見てきました、M−V(ミュー・ファイブ)!

9月23日(土)の朝6:36、鹿児島県内之浦町の宇宙空間観測所から太陽
観測衛星SOLAR−Bを搭載したM−Vロケットが打ち上げに成功しました。

このわずか10秒ほどの打ち上げのために鹿児島まで飛び、朝2時に起きて
クルマで2時間もかけて現地に向かい、大渋滞の中で見学地点を決め、
固唾を飲んでその時を待ちましたが、

打ち上げ直前の緊張感、その瞬間の迫力、打ち上げ後の発射台の火薬の匂い、
この瞬間のために徹夜で望んだスタッフの皆さんの歓喜の表情・・
そして我々も小指の先ほど協力させてもらったんだな、という満足感。

あれだけ多くの人々の心が集中する、もの凄いものを見せてもらった・・
というのが感想でありました。

JAXAのホームページ参照

・・・・

M−Vはコスト高(80億円?)のために、今回を最後に計画は終了、
ということですが関係者にお話を聞くと、これだけ高性能な固体燃料
ロケット技術を、このまま終わらせてはいけない、と言う声が圧倒的でした。

コスト安のロケットとしては、液体燃料のH-?Aが現在の主流では
ありますが、いろいろなモノへの転用などを考えると固体燃料も大いに
使い道はあるわけで・・残念です。

とにかく、多くの人々の努力が詰まったロケットの発射試験、感じることが
多かったです。

発射場にある展示用本物?

直後の発射台

爆風でフェンスがなぎ倒されている!

 
Sep 21 2006

SOLAR-B衛星打ち上げ

2006年09月21日
宇宙ネタが続きますが、実は私は9月23日のM-?(ミュー・ファイブ)ロケットの
打ち上げを見学に行きます。

仕事でこのロケットの製造に少しばかり関係していて、その見学会に参加する
のですが、ロケットの打ち上げを見学する経験はそうないと思い参加させて頂き
ました。

以下、JAXA(宇宙航空研究開発機構)HPより内容の抜粋です。

SOLAR−B衛星は、宇宙科学研究本部の3番目の太陽観測衛星で、日米英3国
共同で大成功をおさめた「ようこう」衛星(SOLAR−A)の後継機です。

SOLAR−B衛星は、2006年度にM−Vロケット7号機によって内之浦宇宙空間
観測所から打ち上げられます。
軌道は、地球の北極・南極上空を通る太陽同期極軌道です。この軌道により、
1年のうち8カ月間にわたって地球の陰に衛星が入らず、長期の連続観測が可能
となります。

この衛星の重量は約900kgで、太陽電池パドルの端から端までの長さは
約10mあります。

・・・・・

と、JAXAのHPをのぞいておりましたら、ありましたありました。

SOLAR-B/M-V-7カウントダウンページ

SOLAR-B/M-V-7の打上げ日が決定しました!
打上げ日時:2006年9月23日(土)6:00〜7:00(日本時間)
打上げのライブ中継予定時刻は、9月23日(土)5:30〜です。


んん・・・ロケットの解説から、ライブ中継もあんの?

説明も詳しいし、画像もあるし、過去の打ち上げの動画まであるじゃん・・



行かないでこれ見てりゃいい、って話?(苦笑)





 
Sep 18 2006

宇宙太陽電池

2006年09月18日

この時期、飲み放題の居酒屋と、秋物商戦に入ったデパートでは、冷房は
低めに設定するんだそうです。

飲み放題の居酒屋が暑いと、客は皆さん原価の高いビールを注文して
しまうので冷房温度を下げて、原価の安い焼酎のお湯割りを飲ませる。

新作秋物を並べたデパートでも冷房を効かせて寒いくらいじゃないと、
誰も秋物を買おうという気にならない。

なるほど・・・

でも南太平洋の海水温度が上がって台風が年々巨大化して被害が出ても、
地球温暖化でロシアの永久凍土が溶け始めると言っても、

速度の遅い変化に対しては、人間は危機感を実感できないのだ。

温暖化が進むと平均気温が上がり、ビールの量が増える、ビールの量が
増えると血液中の尿酸値や中性脂肪値が上がる・・

健康診断の結果欄に、「温暖化症候群です」と記載してもらったら、
少しは危機感が出るかもしれん・・・

・・・・・・・・

さて、先週のニュースで興味があったのは、宇宙ステーションでの太陽電池
パネルの設置
が行われたこと。

全幅11.5m 長さ35m×2基という巨大な太陽電池は、出力66KW

地上での重量は約16トン!と言いますが、無重力の宇宙空間ならでは、
二人の宇宙飛行士によって設置されたと書いてあります。

まあ、パタパタと開いただけでしょうがね。

地上では、太陽光のエネルギー密度は1KW/?ですが、
(1m角の面積で、1000Wの能力)
宇宙空間では大気の反射がないので、1.37KW/?です。
日照時間も、宇宙空間では地上の4〜5倍あるので実際の発電量は
5〜7倍になるそうです。

そう思うと、宇宙に大規模な太陽電池を置いて、発電した電力を
マイクロ波で地上に送電して電力を得るという”夢のような”計画
SPS(Solar Power Station) な〜んてのも、いつの日か・・・なんて

悠長に言ってられない気がします。

近い将来、”男の仕事場は宇宙だ” と言う事になるかもしれません。

そう考えると、どっかのサッカー選手には、
”オランダ如きでホームシックになってる場合じゃないだろ” と言うべきなのか、
あれだけ怒られてもアッケラカンとしてるのがいい、と言うべきなのか・・

ああ、ようわからん(笑)





 
Jun Jun 2019 Jul
SMTWTFS
 1
2345678
9101112131415
16
17
1819202122
23242526272829
30 

Archive

Last comments

by Loan at 2018-06-26 18:42
by Loans For Bad Credit at 2018-06-25 01:07
by Payday at 2018-06-22 18:46
by Best Payday Loan at 2018-06-21 23:54
by Speedy Cash at 2018-06-20 11:16
by Payday Loans at 2018-06-18 15:31