株式会社ディ・ディ・エス

DDS Engineering Company

Nov 17 2010

来年度の太陽光補助

作者 NS   
2010年11月17日

いやはや混乱して何やったらいいかわからんみたいに見えますね、政治の話ですけど。
珍しく不穏当なこと言いますが、あの四千年の歴史の国とも、ウォッカの国とも、
日本はその昔戦争をしてまして、彼らにしてみれば日本人あなどるべからず、みたい
な感覚があったと思うのですがね、過去は。


なにやら最近は、日本には何しても平気だろ、みたいな確信を持たれた感じ。
こうなったら今度から、総理大臣の条件はお金持ちでもカイワレ大根好きでもなく
こんな条件を必須で募集が必要です。


総理大臣募集要項:

・身長185cm以上 体重90kg以上で筋肉質なこと。
・剣道、柔道、格闘技経験者。
・容姿はなるべく強面(コワモテ)のこと。
・首脳会議でニラミがきく方優遇。



・・・


さて、そんな政治の混乱を反映してか、太陽光発電の補助金動向もはっきりしません。
ここでNSの情報網を活かして入手した非公式情報(大げさな)では、


1.
12月24日で終了する住宅用太陽光の補助金については、
平成22年度補正予算で、おそらく1月~3月の補助金予算がつくのではないか。


2.
平成23年度についても、本年度の7万円/KWから6万円/KWに減額して、
予算が確保される見込み。


とういうわけで、個人住宅用太陽光発電は、もうしばらく導入時の補助金が継続され
るようです。



問題は、現在三分の一の事業者支援が交付されるいわゆる業務用(産業用)太陽光
に対する扱いが今後いったいどうなるのか?ですが、


おそらくは、


1.
100KWクラス以上の大規模な太陽光発電システムについては、「全量買取制度」
が導入されて、補助金というスタイルではなくなるみたい。
この場合の買取価格については40円/kwhくらいではないか?


2.
100KW以下の中規模システムについては、設備的に全量買取のメリットが
出にくいため(高圧連係用のトランス&PASが高価なため)、何らかの従来型
補助金がつくのではないか?



とまあ、実に不確定な情報ではありますがそんな情勢であります。

・・・


もうすぐ龍馬伝も大詰めを迎えますが、こりゃ現代でも有り得ますよ、大政奉還・・
(誰に還すんだ?ちゅう話ですけど・・)



 

 

 

 
Jan 05 2009

09年太陽光住宅用補助金

作者 NS   
2009年01月05日

この1月13日(水)から、3月末まで平成20年度の住宅用太陽光の補助金が交付されることに
なり、年末にその交付業務を行うJ-PECから発表がありました。


一言でいえば、7万円/KWの補助で、システム価格が70万円以内のものについて補助金を交付
します。という内容です。


一般的な3KWのシステムでは、21万円の補助金がつき、これまた一般的な価格200万円の
10%ほど安くなるということです。

・・・

従来は、新エネルギー財団(NEF)が窓口となっていたのですが、今回からは太陽光発電協会
(JPEA)が、太陽光普及促進センター(J-PEC)という機関を設立して窓口業務を
行うところが従来とは異なります。各都道府県別に受付窓口が開かれたことも変更点です。


またシステム価格が70万円/KW以下のものという要件がありますが、これは補助金がつく
ことでシステムを高く売ろうとする流れを防止して、市場全体の価格を下げて行こうという
考え方です。


1月13日(水)からの開始ということは、いったん来年度(平成21年度)からの開始と
アナウンスしたところが、市場では急に買い控えが起こったので、秋の補正予算で急きょ
1月からの開始となったというわけです。


さて、あとは補助金が発表になったのは良いけれど、いつぞやのように開始したらいきなり
申込殺到で予算がない、という事態にならないかどうかですが、
今回の今年度分予算は、総額90億円、件数で約35000件程度となっており、
従来の年間導入件数から計算すると、まあ大丈夫だろうという件数が確保されています。


A総理になっていろいろモタモタしている感がありますが、この関係は予定通りに発表され、
この金融危機の中でどのくらいの勢いになっていくのか、非常に興味がありますね。



もちろん、お考えの方はご一報ください。
詳細は、太陽光発電の補助金のところを参照お願いします。

 

 

 







 

 

 
Oct 15 2008

太陽光発電、東京都の補助金

作者 NS   
2008年10月15日

前号で、2008年度補正予算から向こう5年間にわたる、国の補助金交付の話をしました。
今でも、市町村レベルではなんらかの補助を続けているところも多いのですが、

実は来年度からの東京都の補助制度はスゴいです。


以下、概略です。


太陽エネルギーの飛躍的な導入拡大に向けて、東京都は平成21年度から下記の支援策を実施する。

  1.支援策の特徴 : 自家消費分の環境価値の譲渡を条件に補助金を交付する。

  2.事業期間   : 平成21年4月から2年間

  3.補助対象用途 : 住宅用(戸建、マンション等)

  4.補助対象機器及び補助額 : 設備の規模に応じた補助額とする。
 

   (1)太陽光発電システム      30万円程度(3KW)
   (2)太陽熱ソーラーシステム 20万円程度(6㎡)
   (3)太陽熱温水器             3万円程度(4㎡)


解説)
 

東京都は、国にさきがけて「10年後の東京~東京が変わる~」を平成18年に策定し
「世界で最も環境負荷の少ない都市を実現する」と宣言して、

それで翌年には平成19年には、「東京都気候変動対策方針」を策定して、
「大企業、中小企業、家庭のそれぞれが、役割と責任に応じてCO2を削減する仕組みを作る」と発表、

また同年年末には、
「『10年後の東京』への実行プログラム2008」を策定して、
カーボンマイナス東京緊急3ヵ年プロジェクトの到達内容を示しているんですね、よく見ると。


どちらかというと、政治情勢を見ながら小出しに施策を出していく国よりも、
環境に対して強いメッセージを打ち出している東京都の方に共感を覚えるNSであります。


これで、前号でオハナシした国の補助金「7万円/KW」に加えて、東京都民の方はナント
「10万円/KW」を上乗せした補助が受けられます。


つまり、KWあたり合計「17万円」の補助ですから、3KWシステムでは「51万円」!
現在の実勢価格、3KWで約200万円程度が約150万円程度となり、


太陽エネルギー利用に弾みがつくのは、間違いないでしょう。
都知事もいろいろありますけども、やりたいことがはっきりしていてわかりやすい、というのは多いにあります。

 

 

 
Oct 10 2008

太陽光発電補助金復活

作者 NS   
2008年10月10日

以前から言われております住宅用太陽光発電への補助金の概要がようやく見えてきました。
 

  1.「7万円/KW」となるようです。(3KWシステムで21万円ほど)
 

  2.補助制度は、2012年まで継続実施されます。
    2008年度(今年)も、今国会の補正予算が通過すれば本年度中の設置にも
    補助金が交付されるようです。
 

  3.条件的には、
       ・設置価格が70万円以下/KWのシステムであること。
       ・10年のメーカー保証があるもの。
       ・性能や安全性に第三者機関の認証のあるもの。
 

  4.2008年度補正予算額 90億円(3.5万世帯分程度)
       2009年度        238億円(10万世帯分程度)

 


 
またのちほど解説します。




 

 
Sep 29 2008

08年度補正予算で補助金!

作者 NS   
2008年09月29日

9月28日(日)付け日経ニュースをそのまま引用させてもらいます。
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT3S2602P%2027092008&g=MH&d=20080928


「経済産業省が2008年度にも導入する住宅向け太陽光発電補助制度の内容が明らかになった。
太陽光発電機器を購入する世帯に約20万円を補助し、標準的な機器(約200万円)を約1割安く
買えるようにする。補助制度をテコに家庭での普及を促し、家庭の温暖化ガス排出量の削減を進める
とともに、機器の量産と価格低下にもつなげる狙いだ。


 29日に政府が国会に提出する08年度補正予算案に90億円を計上する。補正予算が成立すれば、
08年度中に個人が補助制度を利用できるようになる。09年度予算でも約240億円を概算要求し
ており、経産省は08年度で数万戸、09年度で約10万戸の利用を見込んでいる。」




解説しますと、おそらく来年度の補助金復活を発表した途端に、今年の市場は買い控えで急冷した
わけで、それで業界が経済産業省に泣きついたのでしょう。
それで本年度=08年度の補正予算で今年から補助金つけましょう、と相成ったということですか。


また、その「1世帯あたり約20万円を補助」というくだりですが、う~ん先日の読売新聞記事では
「1KWあたり10万円程度になりそうだ」とあったのに、これはどう解釈したらいいんだろう・・


「標準的な機器(200万円)を約1割安く・・」とあるので、想定している規模は3KWほどと
推定できますが、3KWで20万円の補助金としたら6~7万円/KW程度かなという所でしょうか。
モッタイぶんないではっきり言えよ、って感じ。


と取り急ぎニュース速報しますが、今度は急転解散で国会審議はその後かっ?
もうええ加減にせー、って言いたい。

 

 

 

 
<< 最新号 < 最近へ 1 2 3 4 5 以前へ > 創刊号 >>

結果 1 - 5 of 21
Apr Apr 2004 May
SMTWTFS
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

Archive

Last comments

by Loan at 2018-06-26 18:42
by Loans For Bad Credit at 2018-06-25 01:07
by Payday at 2018-06-22 18:46
by Best Payday Loan at 2018-06-21 23:54
by Speedy Cash at 2018-06-20 11:16
by Payday Loans at 2018-06-18 15:31