株式会社ディ・ディ・エス

DDS Engineering Company

Aug 11 2013

日本のメガソーラー

作者 trybeer   
2013年08月11日

1年ぶりに太陽光日記を更新しましたが、やはり何事も継続は力なりということを逆に思い知る

と言いますか、継続を切ってしまうと元に戻るには相当のエネルギーが必要だということがよく

わかります。

 

人間年齢を重ねてくると、月日の経つのが加速度的に速くなってくるのは以前にも書きましたが、

今は一週間が昔の半分、つまり3日で一週間が終わる感じなので、ちょっとサボった感があると、

実は思っている二倍の時間をサボっていることになるんですね。

 

なんか裏からモノを言ってますが、じゃあ継続してれば年齢を重ねるにつれ上達(レベルアップ)

も二倍になるんか、というとそうはいかない。忘れる速度も二倍になっているから(笑)

 

暑さのせいで、何を言っているのかわからなくなってきました。

 

・・・

それではボチボチとメガソーラーにまつわる話を少しずつ。

 

昨年7月に太陽光発電などの全量買取制度がスタートしたわけですが、

まだ1年しか経っていないというのに、恐ろしい数の案件が通産省に認定申請され、

電力会社が処理不能になるほどの系統連係申し込みがあるそうです。

 

このあたりが日本人の凄いというか、恐ろしいところで、これだ!となった時の殺到具合が

半端じゃない。誰も彼も我先に、大至急大特急の今日まで明日まで今週までの嵐です(笑)

 

 

だいたい日本という国は平らで大きな土地など田んぼか畑しかなくて、

休耕田に太陽光!と言えばウケは良いですが、実際やってみると”農地”はそう簡単に

他の目的に使えない、通産省が”やれ”と言っても農水省は”そんなん知らね”、

財務省は”どっちでもいいけど税金は高い方ね”

 

この世界でも類を見ないほど几帳面な行政が、日本の秩序を守っているのと同時に、

時代への即応性を拒んでいる大きな要因でもあります。

 

つづく

 

 

40℃!

 
Aug 03 2013

1年ぶりに・・

作者 trybeer   
2013年08月03日

帰って参りました、太陽光日記。

昨年の6月に、メガソーラー事業に参入してから1年。
怒涛のような仕事の嵐に飲み込まれて、ほとんど遭難した感じ。

チームでやっているのですが、土地の問題、資金調達の問題、
一歩進めば一つ問題が出て、また一歩進もうと思うとまたもや問題発生、


挙句、五歩進んだと思ったら、振り出しに戻されること一度や二度に非ず。


そして、私は技術畑ですが、チームは金融畑、法律畑、と色んな人が
仕事をしないとまとまっていかない。そして、この畑違いの人々は、
お互い言葉が通じない(笑)

一度に三人と話をして、一つの話が終わる前に次の話に行くので、
まとまるものもまとまらない。こちらが話をしたい相手が誰かと話を
していても、

割って入って言いたいことを言わないと話ができない(ウハぁ)


朝から晩まで、ドタバタドタバタしていて気がつくと夜中で、
バタンと寝てまた翌朝から、ドタバタドタバタして・・・


気がつくと1年経っていました。


やっと今日、太陽光日記に戻って来ましたが、更新の仕方を
忘れてしまいました。

ボチボチ思い出しながら、お話していきましょう(次は来年か!?)

 
May 14 2012

ガラケーへの道?

作者 trybeer   
2012年05月14日

先日、太陽電池関係の会合があり、
その中で某大手メーカーから、家庭内の「電力の見える化」のために、家中のコンセント
に使用電力測定用のコンセントを取付けて、大元の機器と通信を行い、
家庭のWi-Fiを経由して付属のタブレット型PCで家中の電力使用が把握出来るようにする
商品の紹介がありました。


これ自体はなかなか素晴らしいモノで、今夏の電力料金の昼間の大幅値上げに対して
非常に有効で、更にこのメーカーの太陽光発電システムの発電量も見えるように
なるというスグレモノ、おまけに国の補助金10万円まで付いてくるという企画であります。


ご担当者の方曰く、


「この商品には補助金が付きますし、我が社のタブレット型PCも付いておりまして、
Androidアプリで見えるようになりますので、このシステムを購入されれば我が社の
このタブレットをご自由にお使い頂けることになります。

また、更に我が社の太陽光発電システムのモニターから太陽電池の出力もモニター
できますので、まさにご家庭のエネルギー管理は我が社にお任せ頂きたい。」


・・

う~ん、製品は実に結構。

でもこの”我が社の囲い込み作戦”には大きな抵抗あり(笑)


かつて日本の携帯電話は、この”小さな市場”にこだわって次第に世界の潮流に
置いていかれ、”ガラパゴス携帯(ガラケー)”と言われて取り残されてしまいましたが、

これ、同じ道じゃあないですか?


”我が社”のタブレットなんか付属させずに、Android とiphone用のアプリを出して、
どこの太陽光発電でも出力が見られるようにすれば(そんな難しくないはず)
実に有益で、他社のユーザーからも喜ばれるようになるはずだ、と思うのに、


どうしてこう、小さく囲い込むんでしょうかね(怒られるかな)

 

 

 
May 07 2012

断捨離(だんしゃり)

作者 trybeer   
2012年05月07日

5月連休は、我社の事務所は断捨離でございました。

Wikipediaによると、断捨離(だんしゃり)とは、
ヨガの「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という
考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着
から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え。
単なる片づけとは一線を引くという。


なんてありますが、正直我々のは行ではございません。単なる片づけです。


事務所を新築してから16年、当初の6年間は喫煙OKでであったこともあり、
壁クロスは相当変色して元の色を留めず、床の剥がれも三畳間くらいに成長してます。

今回は壁クロスを張替えて、床を補修して、パーティションをやり変えてと、
ワリと大規模なレイアウト変更を行った関係で、
昔の書類やファイルを整理せざるを得なくなったということであります。


しかしこの昔の書類整理というのは、まさに行であったかもしれません。
まあ昔の失敗や、つらいこと、切ないこと、稚拙なこと(笑)ひとつひとつ見る度に、
思い出してはグッと来て、また思い出しては胸が痛く、めくる度にクシャミをし、


残そうと思っても捨て、こんなもの思い出したくもないと思ってまた捨て、
しまい込み寸前でもやっぱり捨てて、


最後は処理費用の心配までしてまたつらくなってと、決して離行にはなりませぬが、
まとわりつくものを振り払った感は大いにありましたねえ。


というわけで実にスッキリした我が事務所、連休明けに久々に出勤した社員の声が
想像出来るなあ。



この事務所、どっから入るの???(ウへへ)

 

 

 
Apr 15 2012

全量買取制度

作者 trybeer   
2012年04月15日

今、太陽光関係で話題は「全量買取制度」なんですが、


今年の7月から制度が開始されることだけが決まっているのですが、一体いくらで
買取させるのか、何年間固定単価で契約してくれるのか、農地などに設置の場合は、
農地のままで認めてくれるのか、休耕田の場合はどういう扱いになるのか、
受電ポイントまでつなぐ費用は誰の負担か、固定資産税はどういう税率か、
償却は何年にしてくれるのか・・・などなど


今年の7月にスタートすると言っておきながら、この期に及んで全く決まっていない
ってのはどういうことなんだろう?


それでいて、ソフトバンクを始めとしていろんな事業者がすでに建設に入っている
というのは、どういうことなんだろう?


これに向けて、世界の太陽電池メーカーが日本に照準を合わせてきていて、
もう止まらない流れだけは出来つつあります。
1kWあたり、30万円とか35万円とかといった価格が世の趨勢になってきていて、
年間発電量が1kW で年間1000KWh程度なので、


例えば5000㎡の土地に太陽光を設置するとすると、
約500kW のシステムが、1億5千万~1億7500万円くらいで設置が出来て、
年間の売電単価が、(現時点で有力な数字として)1kWhあたり40円で買取
されれば、


年間の売電収入は、2千万円!


15年間買取をしてくれるとすれば、15年間の総収入は3億円。
建設費用が1億5千~75百万円なら、


確実に事業になりますね(たぶん)


そこまではだいたいの数字が見えているのに、冒頭に書いた事柄は全然決まっていない。
でも、先行してなのか情報を知っていてなのか、すでに多くの事業者が建設を始めようと
しているなんて・・

・・・

哀しいかな、今の政府が何事にもついて行けないのはもうわかった。
それはわかったとしても、世の中の秩序がだんだんおかしくなって来ているのは
ちょっと耐えられれないかんじ・・%&$#!?・・


でもね、みなさんこれだけは言える。
土地だけなんとかして、今のうちにお金借りても自分で太陽光発電事業始めましょう!
 

アルファベット三文字の会社としては言い難いですが、年金の運用にも是非。

 

 

 

 

 
<< 最新号 < 最近へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 以前へ > 創刊号 >>

結果 31 - 35 of 603
Sep Sep 2018 Oct
SMTWTFS
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23
242526272829
30 

Archive

Last comments

by Loan at 2018-06-26 18:42
by Loans For Bad Credit at 2018-06-25 01:07
by Payday at 2018-06-22 18:46
by Best Payday Loan at 2018-06-21 23:54
by Speedy Cash at 2018-06-20 11:16
by Payday Loans at 2018-06-18 15:31