株式会社ディ・ディ・エス

DDS Engineering Company

Jan 20 2009

暖房と湿度:再放送

2009年01月20日

最近は少し冬らしく寒いです。
この寒さのせいで、風邪を引いたり、腰を痛めたりしていませんか。


くれぐれもご自愛ください。


さて、実は1年前の太陽光日記で「温度と湿度」ネタを書いたのですが、この季節になると
「あれ忘れたからもう一回書け」というありがたい(?)方がいらっしゃるので、再放送します。


石油ストーブ、ガスストーブなどは燃料が燃える時に水分を出すので(CO2も出ますが)
部屋は適度な湿度が保たれます。
しかし、エアコン暖房は部屋の水分ガンガンとってしまうので、カラカラになります。


実は、冬の部屋の中は温度と湿度が非常に重要で、適度な湿度がないと
何だか寒いだけでなく、ウイルスの繁殖に適した環境になってしまうので注意しなきゃ
いけません。


こっからが理屈が過ぎると評判悪いんでございますが、
湿度と体感温度については「ミスナールの公式」があります。


体感温度=t-1/2.3×(t-10)×(0.8-h/100) 
t=気温℃
h=相対湿度%


ここで室温22℃、エアコンを入れた時の相対湿度を30%としましょう。
すると、
体感温度=22-1/2.3×(22-10)×(0.8-30/100)
      =22-2.61
      =19.4℃


これでは体感温度は、19.4℃しかありません。たぶん結構寒いです。

 

それを室温22℃のまま、湿度を60%に上げると
体感温度=22-1/2.3×(22-10)×(0.8-60/100)
      =22-1.04
      =21.0℃

 


湿度を30%から60%に上げることで、同じ室温での体感温度を1.6℃
上げることができます。


式を良く見るとわかるんですが、気温10℃以上では湿度があると暖かく感じて、
それ以下では湿度が高いほうが寒く感じるんだそうで・・ナルホドそういう感じ。
さらに言えば、湿度80%まで上げてようやく気温=体感温度になるということですね。
これ、加湿器使って実験すると、確かに全然違います。



湿度があると、マジ暖かいです。

 


・・・

もっとクドク言うと、湿度が40%以下になると風邪などのウイルスの繁殖が活発になり、
また湿度を60%以上にすると今度は、ダニなどの繁殖が活発になるのだそうです。



早めのパブロンよりも、湿度50±10%! (色気のねーキャッチフレーズ・・) 
 

 


 

» コメント投稿
お名前
コメント
削除 KEY

Captcha Image Regenerate code when it's unreadable
» コメント(0)
コメントがありません。
 
Jan Jan 2009 Feb
SMTWTFS
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Archive

Last comments

by Loan at 2018-06-26 18:42
by Loans For Bad Credit at 2018-06-25 01:07
by Payday at 2018-06-22 18:46
by Best Payday Loan at 2018-06-21 23:54
by Speedy Cash at 2018-06-20 11:16
by Payday Loans at 2018-06-18 15:31