株式会社ディ・ディ・エス

DDS Engineering Company

Nov 17 2010

来年度の太陽光補助

2010年11月17日

いやはや混乱して何やったらいいかわからんみたいに見えますね、政治の話ですけど。
珍しく不穏当なこと言いますが、あの四千年の歴史の国とも、ウォッカの国とも、
日本はその昔戦争をしてまして、彼らにしてみれば日本人あなどるべからず、みたい
な感覚があったと思うのですがね、過去は。


なにやら最近は、日本には何しても平気だろ、みたいな確信を持たれた感じ。
こうなったら今度から、総理大臣の条件はお金持ちでもカイワレ大根好きでもなく
こんな条件を必須で募集が必要です。


総理大臣募集要項:

・身長185cm以上 体重90kg以上で筋肉質なこと。
・剣道、柔道、格闘技経験者。
・容姿はなるべく強面(コワモテ)のこと。
・首脳会議でニラミがきく方優遇。



・・・


さて、そんな政治の混乱を反映してか、太陽光発電の補助金動向もはっきりしません。
ここでNSの情報網を活かして入手した非公式情報(大げさな)では、


1.
12月24日で終了する住宅用太陽光の補助金については、
平成22年度補正予算で、おそらく1月~3月の補助金予算がつくのではないか。


2.
平成23年度についても、本年度の7万円/KWから6万円/KWに減額して、
予算が確保される見込み。


とういうわけで、個人住宅用太陽光発電は、もうしばらく導入時の補助金が継続され
るようです。



問題は、現在三分の一の事業者支援が交付されるいわゆる業務用(産業用)太陽光
に対する扱いが今後いったいどうなるのか?ですが、


おそらくは、


1.
100KWクラス以上の大規模な太陽光発電システムについては、「全量買取制度」
が導入されて、補助金というスタイルではなくなるみたい。
この場合の買取価格については40円/kwhくらいではないか?


2.
100KW以下の中規模システムについては、設備的に全量買取のメリットが
出にくいため(高圧連係用のトランス&PASが高価なため)、何らかの従来型
補助金がつくのではないか?



とまあ、実に不確定な情報ではありますがそんな情勢であります。

・・・


もうすぐ龍馬伝も大詰めを迎えますが、こりゃ現代でも有り得ますよ、大政奉還・・
(誰に還すんだ?ちゅう話ですけど・・)



 

 

 

» コメント投稿
お名前
コメント
削除 KEY

Captcha Image Regenerate code when it's unreadable
» コメント(2)
削除 | 2コメント by NS at 2010-11-21 08:16:23
T5さん、お久しぶり。いつも意味の深い謎かけありがとうございます。 
太陽光は100kW以上、体重は100kg以上って解説ないとわからんじゃないですか(笑) 
ということは、T5さん合格ライン到達おめでとう! 
私なんか、足元にも及びませんわ(・∀・)ニヤニヤ
削除 | 1コメント by T5 at 2010-11-19 10:53:37
どうもっす。 
おひさしぶりっす。 
 
先輩のコメントをみせて頂くと 
これからの太陽光発電も首相も 
求められているのは 
100キロ以上ということだけは確かなようですね。。
 
Nov Nov 2010 Dec
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

Archive

Last comments

by Loan at 2018-06-26 18:42
by Loans For Bad Credit at 2018-06-25 01:07
by Payday at 2018-06-22 18:46
by Best Payday Loan at 2018-06-21 23:54
by Speedy Cash at 2018-06-20 11:16
by Payday Loans at 2018-06-18 15:31