株式会社ディ・ディ・エス

DDS Engineering Company

Mar 19 2011

停電用バッテリーが欲しい

作者 NS   
2011年03月19日

今日は、計画停電は実施されないことが昨日のうちにわかり、天気も良く暖かいので
相当心に余裕があります。電気があるって、ありがたい。

久々に太陽光日記的にコメントすれば、この一週間は天候も良く太陽光発電は非常に
安定的に電力を生み出していて、この電力危機の中、晴れた昼間なら自前の電気を
使えているのと、余った電気は送電線に戻しているので少しは社会に貢献出来ている
と思うわけです。

そして停電中も、得意の自立運転機能を作動させて、テレビ、パソコン、トイレ(笑)
あたりの電源は十分確保できて十分役に立っていますね。(設置して10年ですが、
自立運転を使ったのは、2回目)


しかし、この計画停電はかなり長期間実施されるのではないかと思われ、そうなると
せっかくの太陽光発電を、もっと有効に使えるようにならないか、と思うものです。

そこでアタマに浮かぶのが、停電用バッテリーシステムを使うこと。

計画停電はおよそ3時間実施されるので、まあ言ってみれば普通に自宅の電力3時間分
(これは結構大きな電力量)をバッテリーで持っていて、太陽光発電や深夜の余剰電力
で常日頃充電しておき、停電時にはこの電力を100Vに変換して家の電源に供給する。

今、そのシステムについて調査中ですのでわかりましたらまたお知らせします。
正直、今一番欲しいもの。


・・・

今、日本の電力の3割以上は原発に依存していて、今回の地震で長期に何基も停止した
状態が続くのは明らかです。

こういう災害に対応するためにも、分散電源と言って各家庭に太陽光発電や燃料電池
などを設置して、電力の自給自足に向かうべきだとつくづく思う今日です。

福島原発、電源引いて冷却水ポンプ回って欲しい!

 

 

 
Mar 18 2011

混乱の一週間

作者 NS   
2011年03月18日

震災から今日で1週間、そして計画停電が始まってから5日目。
毎日起きるたび、夢であって欲しいと思うが、何度起きてもそこにあるのは
昨日より厳しい現実だ。

あらためて地震と津波の犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます共に、
不自由をされている被災者の皆さんにお見舞いを申し上げます。

東北の現地とは比べ物にならないとしても、ここ首都圏の混乱もまだまだ解消には
至らず、我々レベルでの当面の大問題は計画停電とガソリンの供給不足か。
しかししかし、この混乱が経済に及ぼす影響は思っているよりずっと大きく、
その影響は日本全体を巻き込むのではないかと、正直背筋が凍りそうだ。

この月曜日から毎日3時間程度の停電があり、昨日はグループ毎に停電をしても、
夜の電力不足が予想されていたので、夜の2回目の停電を覚悟していたが
午後早々に2回目の停電は中止との連絡があったので、

ああ暖房も我慢したので足りたんだなとホッとしていたら、TVで経産相が
「電力が足りず大規模停電が予想される」と記者会見中・・

? これでは混乱もするぞ。

覚悟してるんだから停電した方が良いのではないか、とも思ってしまう。
そして今日も、朝6時過ぎから停電の予定と市役所の放送まであったので、
会社は10時始業と連絡したのに、結局7時過ぎても停電は来なかった(!?)

電気を供給してもらえたことには感謝、でもせっかくの市民側対応が空振り。
いくら日本人が器用だと言っても、このシステムで個人レベルはともかく、
会社として経済活動を恙無く進めるのは、さすがに無理があると思う。

・・・

今回の大災害から一週間を見ていて、正直日本人は素晴らしい。
こんな大きな苦境の中でも実に冷静で、他人への思いやりに溢れている。
危険を承知で現場に向かう自衛隊や東京消防庁の方達も実に頼もしいではないか。

それに比べて、

場違いなほどの完璧メイクに取って付けたヘルメット姿のニュースキャスター、
何だか話に要領を得ない小綺麗な大学教授、現場を見ずに安全な所でただ電力会社
からの報告を伝言記者会見する原子力ナントカ院の役人、そして原稿読みの演説が
残念ながら人の心に響かず、明るい気持ちにもさせてもくれない日本国ソーリ・・
(太陽光日記始まって以来の毒舌ごめ~ん)


贅沢ながらこの停電ペースに全く慣れることできず、イライラしてるせいなのか、
信用できる人と出来ない人がクッキリ見えたような気がした一週間でもありました。

それもあるけど、とにかく今は鎮まってくれ原発。

 

 

 

 

 

 
Mar 17 2011

ますます緊迫

作者 NS   
2011年03月17日

3月17日(木)、今日も朝9:50から13:00までの計画停電実施。
私は安定した日射のおかげで昨日の続き太陽光発電の自立運転で仕事の後、出社。
自宅では、インターネット用のモデム、無線LAN装置、PC、机のスタンド照明を
使用していて合計180Wほどを使用。
現在の発電量はおそらく1500Wほどあり、自立運転モードでも安定。
これだと小さなストーブくらいはつけられそうだが、日射が急に落ちて急なPC電源
遮断が恐いのでストーブは諦める。


震災から一週間、関東地方は落ち着くどころか日に日に混乱しているように見える。
計画停電は、毎日時間帯が違うのでそのたびに色々の調整が必要で、これがずっと
この調子だとペースをつかむのが難しい。毎日毎日違うパターンで生活するのは
難しいものだとしみじみ実感。
今日の計画停電が終わって仕事を始めるが、夕方にも予測不能の大規模停電か、
などと経産相談話・・ww1日2回の停電かもしれない。


東京電力管轄の原子力発電所は、少なくとも2基は損壊しているのでかなり長い間
この計画停電が実施されることになりそう、社内で変則就業時間を決める。
こんな時、東と西で50Hzと60Hzと電源周波数変えてしまった昔の人の見識を
疑いたくなる。(西日本の電気をもらえないのだ)


ガソリンスタンドは相変わらずの給油待ち大渋滞、順番待ちドライバー同志のトラブル
も出てきている様子。みな苛立ちが増している。


原発の状況と合わせて、関東地方の緊迫の度はますます高まっていると思う。


・・


さて、昨日の続きで恐縮ですが、
技術者は必死にがんばっていると思いますが、どうしてもその過程で出て来るのが


「会議」


皆がどうなっているのかがわからないので、「会議で説明しろ」という要求が何度も
あるはずで、そのたびに技術的な責任者は現場を離れざるを得なくなります。


ベタに説明だけをしているわけにもいかないので、説明が不十分になってくると
段々といろんな人がいろんなことを言い出す・・技術者はそういう事の全部に説明
していられないので、現場を見ていない人の推測やら想像と事実がごっちゃになって
何だかわけがわからない・・こういう事がよくあります。


とかく、技術者でない方々は何が起こっているのかわからないことが多いので、
「打合せ」と「会議」が段々増えてくるのですね・・


・・

もう一つは、技術者の「起きうる可能性」という言葉の使い方のこと。


技術者的には、色々な事を考えて最善の方法を見つけていくので、色んな事象は
すべて「起きうる可能性」があるわけです。


甚大な被害が「起きうる可能性」を限りなくゼロにするために色々なことをやる
のですが、多分「大惨事になる可能性はありますか?」と聞かれたら、技術者は
「可能性はあります」と答えるはずです。


でもそれを聞いた方は、「えっ、その可能性もあるのですか?」と驚き、その辺から
ニュアンスが伝わらなくなってきます。


一般的な言葉の使い方で言えば、「可能性があります」と言われたら、
「結構高い確率で・・」という捉え方をすると思いますが、
技術者としては、「100%ないと言えない限りは可能性はある」という使い方
なんだろうと思います。


特に政治家などは、それを言ったらその後どうなるか、ばかりを考えて物を言う
ので、事実を正確に伝えたい技術屋の話はなかなかそのまま聞けず、
たぶん「どうなってんだ」と「そんなことは聞いてない」が飛び交っていそうです。


かくして、言葉より先に対策を打ちたい技術者と、対策の前に言葉が欲しい政治の
問題は解消が難しいでしょうが、だんだんとバケツで水かけるみたいになって来た
のが心配です。




 
Mar 16 2011

技術者の説明責任

作者 NS   
2011年03月16日

3月16日、またもや計画停電で今日は午後から16時までの停電予定なので午前中で終業。
・・正直仕事になりません。今は実は停電中で仕事が出来ないので、太陽光発電を
自立運転モードに切り替えてこれを書いています(これを言ってみたかった(笑))
この計画停電、協力はしますから来週からは方法の見直しをお願いしたいですね。


今日はこんな折でしたが3ヶ月も前から予約していた人間ドックへ行ってました(驚)
何もこんな時に。。と自分でも思いましたが、こんな時だから許してもらおうという
魂胆です。この病院も午後から停電の予定だったので、何だか看護師さん慌てて検査・・
いや、しっかりやってくれたと信じております。


お腹の内部圧力が上昇気味のようですが・・今日は停電のため説明は後日ということ
で、残念。
街は、やはり昨日と同様にガソリンスタンドの長蛇の列。どこでも2kmくらいの
列が出来ています。皆さん残量が深刻なのでしょうね。


それを除いては、徐々に皆さんこういう生活にも慣れてきた感もありますが、
やはり心に重くのしかかっているのが、福島の原発の状況です。あれが収束してくれ
ないと日本中落ち着くはずもなく・・


地震の当日から、関係者はおそらくほとんど寝ないで対応して頂いているんだと思い
ますが、どうも会見の内容がスッキリしない、と皆が思っていると思います。
要するに会見をする人々が、技術的な事をあんまりよくわからなくても説明をしない
といけないので、無理があると言えばおおありなんですね。

私もよく機械装置の設置工事に行きますが、我々の機械がトラブルを抱えている時と
同じようなことが起こっているんではなかろうか、と想像してます。
(うちの機械装置は原子炉積んでませんが・・現場の雰囲気的にですね)


機械の問題は、担当の技術者が現場の状況を見ながら、データで事実を確認して、発生
している事象の原因を推測したり考えたり、そしてそれをまた検証するためにまた
様々なデータを調査して、次の一手のを決めて打つ。 その結果を見てまた事実確認
をして・・のサイクルを繰り返すことになります。


だいたいの場合、全ての計測器も異常なく、データが揃っていれば誰も苦労はしない
わけで、そもそも大問題になどなっていないはず(笑)


何かが異常になっているから、ツジツマが合わないことが発生するわけで、計測データ
と言ってもセンサーが壊れてるかもしれないし、それを別の観点から調査して、
データを見て、いろいろな確度から検討していくのが技術者の仕事です。


優秀な技術者ほど現場に張り付いて、現象とデータををこの目で見ながら全神経を
集中させないといけないのですが、ここで困ったことに技術者には、そこで周囲に
「説明責任」を果たさないといけないわけです。


要するに、技術者でない方々(お役人とか政治の方々)に、「何がこうなってどうなって、
今こういう状況だからこうなります」という説明をしないといけない。
しかし、説明をしている間にも一刻も早く調べてやらなければならない対策を打ちたい、
でもだいたいの場合、そういうことに没頭させてはもらえません。


技術者でない方は、当然ですが、何が起こっているのかわかりませんから、
「何がどうなってんだか、説明くらいしろ!」と言います。これはこれで無理もない。
技術者一人で生きているわけではないですからね。


しかし、技術者は一刻を争う必死な時に「マイクロ」と「ミリ」の違いを質問されたり
すると、何も話す気がなくなるのですよ(笑)
「ミリとマイクロもわからない人に、どうなってるか説明したってわからんでしょ!」
となる。


見てきたわけじゃないけど、これは現場でよ~く発生する大きな問題です。



 
Mar 15 2011

初の計画停電、そして・・

作者 NS   
2011年03月15日

15日は朝から所用で藤沢駅付近まで車で出かけましたが、幹線道路はガソリンスタンド
を探しながら走っているクルマのせいなのか、上下線とも大渋滞です。
昨日の夜にタンクローリーが入り、朝から営業をしているスタンドには、給油待ちの車
が何百mもつながっています。1台あたり15リッター程度に規制されているようです。


何かあった時には車を使う習慣のせいか、燃料タンクが半分以上入っていないと不安に
かられるという気持ちは理解できますが、この行列がまた不安をあおって今すぐ並んで
給油しないとといけないような気になるものです。人間心理としては無理もないこと
ですが、不安が不安を呼ぶ連鎖が現実になってきています。


ニュースを注意深く見ていると、この近辺の製油所からは徐々に出荷が再開されて
いるようですし、4~5日の間にはスタンドには供給が戻ってくるはずなので、
私は今は慌てて順番につくことはしないつもりです。


ガソリンスタンド周辺以外は、実は交通量も少なく道路は普段より空いていました。
藤沢駅も電車が動いているせいか、混乱もなく予想以上に街は静かです。
しかし地震、津波の惨劇、そしてここ数日は原発の緊迫した情報が心に余裕をなくして
います。東京電力、政府関係者の方も安堵の暇なく大変ですが、我々にもボディブロー
のように心にズッシリ効いてきています。


さて、今日は朝から輪番停電の実施が通告されていました。当社は第1グループに
区分けされて今日は15:20~19:00の計画停電が予定されています。
しかし、これが会社での仕事を考えると実にやりにくい。


他のグループの実施状況を見ると、予定時刻の直前に時間が少しズレて実施が発表に
なっていますが、我々の第1グループの停電も実施するのかしないのか、15時に
なってもわかりません。社員は浮き足立っていてもう仕事にはなりません(そらそうだ)
・・大雪で混乱すると、何故か少しウキウキするような心境でしょうかね。


結局、東京電力のホームページでは発表のないまま、日経新聞のHPで16時から実施と
15:15頃にようやくわかりました(遅)
で、16時直前にPCや機械の電源を落とすように指示をした途端、15:50に停電に
なりました(@@;)


この輪番停電、電力不足に協力することには異論ありません。しかし仕事はやりにくい。
今や、どんなに外が明るくてもパソコンの電源が入らなければ仕事は出来ませんし、
停電になれば業務は停止せざるを得ません。
今日は16時から停電でしたのでそこで終業としましたが、明日などは12:20から
16:00までの停電予定です。昼休み明けから16時まで寝て、電気が来たら起きて
仕事しろ・・なんて出来ませんよ(無理無理) キャッチボールも3時間は無理。
そうなると、午後は休業にせざるを得ませんからね。


地域別の停電を止めて、全戸で使用総量を2割削減の方がやりやすい気もしますし、
毎日時間を6時から10時とか、15時から19時とかに固定してもらえれば、
変則勤務とすることも出来ます。今のままでは、ちょっと無理があります。

・・

停電した街は、信号機も消え、コンビニもスーパーも照明は消えた今までに見た
こともない珍しい風景で思わず街を散歩してみましたが、皆さんそう思うのでしょう、
たくさんの人が散歩されてました(笑)
日本はたいした国です、もちろんお店の略奪もしません。


人間寒くて暗いとどうなるか・・そう眠くなります。私は17時頃に寝てしまい、
19時前に起きたらパッと電気が復旧しました。
寝て起きても、今起きている悪夢は消えておらず、少なからずガッカリ・・
そして何だか慌てて夕食を食べ、何か落ち着かない気持ちでおりました午後10時半、


グラグラグラ~、ああああ今度は静岡で震度6!  神様、もう勘弁して(;O;)

 

 
<< 最新号 < 最近へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 以前へ > 創刊号 >>

結果 41 - 45 of 155
Jan Jan 2020 Feb
SMTWTFS
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627
28
293031 

Archive

Last comments

by Loan at 2018-06-26 18:42
by Loans For Bad Credit at 2018-06-25 01:07
by Payday at 2018-06-22 18:46
by Best Payday Loan at 2018-06-21 23:54
by Speedy Cash at 2018-06-20 11:16
by Payday Loans at 2018-06-18 15:31