株式会社ディ・ディ・エス

DDS Engineering Company

Feb 14 2017

自動車のスマホ化

作者 trybeer   
2017年02月14日

今年になってのブログのタイトルに、つい「ニッポンの・・」と
つけてしまったら、ニッポンの、だらけになってしまった。

安倍さんじゃあるまいし、ニッポンを語るのもおこがましいので、
今日からニッポンは外させて頂いたらスッと肩の荷が下りた。
肩こりの原因はこれだったんだな、私は総理には向かないわ。

・・・

さて、

電気自動車になると、日本の自動車産業は厳しいというのは前回お話
しました。

自動運転をやるにも、エンジンでは応答遅れもあって難しい場面が多い。
電気モーターなら瞬時の制御に対応しやすくて、自動化する上で
エンジンよりよほど信用できる。

排気ガスがないので、熱対策も要らない。
排熱を利用する暖房だけはエンジンにかなわないが、冷房になると
エンジンに対して不利はない。

何せ、今まではブレーキを踏んだ時は、ブレーキディスクの摩擦熱で
エネルギーを捨てて止まるしかなかったのに、
電気モータ―には回生ブレーキがある。
速度エネルギーを電気エネルギーに変換してバッテリーに戻せるのは
大きなアドバンテージだ。

もっとある。
モーターはエンジンほどでデカくない。
車は出力を大きくしていくと、2輪ではタイヤや操安性が厳しくなるので、
4WD化したくなるが、エンジン車では大きくて重いプロペラシャフトや
ディファレンシャルというものが必要になる。

でも電気モーターでは、前後にバラバラに2つ置いたり、場合によっては
4輪全部にモーターをつけることも出来るので、重量やスペースを使わずに
4WD化が出来る。

おかげで、米国製電気自動車のテスラは、恐ろしいくらいの出力ながら、
前にも後ろにもトランクスペースが出来た。


そう、問題はバッテリーだけと言って良い。


バッテリーの話はもう少し後にとっておくとして、
こうなると自動車は、もはや昨日の自動車ではない。

昔の自動車会社は、ここまでやるかという実験、そんな状況あるのかまで検証して、
よほど自信がないと発売しないし、直す時もまたすさまじいまでの検証を
行って自信を持ってから、だった。


しかし、テスラは違う。
私も青山のショールームに押しかけて試乗させてもらって、話も聞いた。
「ディーラもないけど故障したらどうするの?」
と聞いた時の回答が忘れられない。


「大丈夫です。インターネット経由でアップデートしま~す!」


彼らにとって、電気自動車はスマホみたいなモノなのであった・・

つづく

 
Feb 10 2017

ニッポンの自動車産業(1)

作者 trybeer   
2017年02月10日

今や世界の話題の2割はこれかというトランプ大統領の一字一句。
メディアはその一言一言に反応して、
その一言で日本にはどういう影響が出るのかと、都度膨大な紙面と時間を割いてくれております。

あの〇ッさん、きっとそんな真剣に考えてないよね、知らんけどw

だいたい世の中の事象に「単純にそれが良いに決まってる」なんて事は
ほとんどなくて、必ずあちらを立てればこちらが立たず的な相反する事があるわけです。

賢い役人様や学者様は、様々な相反事象を丹念に調査して、
多方面から最も被害の少ない方法を選ぼうとして、
結果、何だかワケのわからない、何が言いたいのかわからないような
見解が出来てしまうわけですが、

それを国会に持ってくると、もっとワケのわからない政治家の手にかかって、
都合の悪いことを隠して議論に持ち込むので、これが不信を生むんだなぁ、
とまあなんと失礼な。。


トランプさんの発言は、無知なのか確信犯なのか知りませんが、
そんな賢人の多方面の分析などスッ飛ばして、すごく潔く一面で切り取る
ので、実に単純でわかりやすく映る。
これがウケる秘訣ですな。

・・

実を言うと、私はそんなアメリカ大統領の機嫌よりもっと心配している
ことがありまして。。

電気自動車時代です。
電気自動車が主役になたら日本の自動車産業は果たしてやって行けるのか、
です。

ご存じ自動車産業というのは実に裾野が広い。
製造品出荷額で全製造業の約2割。
関わっている就労人口550万人で、全就労人口の約1割。
まさに日本を支え続けている産業であります。

何故日本の自動車が世界に名を馳せたかと言えば、
「故障しない」
「品質が揃ってバラツキがない」
「燃費が良い」
でしょうか。

ここでよく考えてくださいまし。
自動車で一番故障したら困るのは何ですか?  エンジンです。
一番当たりはずれが出そうな所はなんですか? エンジンです。
燃費を良くする最も大事なものはなんですか? エンジンです。


そう、自動車で最も難しい要素の一つはエンジンなのです。
ピストンやらピストンリングやらコンロッドやらクランクシャフトやら、
オイルポンプやらカムシャフトやら燃料噴射装置やら・・

あんな細かい、たくさんの部品をミクロン単位で組み合わせて、
よくまあ1秒間に30回も60回も爆発させるもんです。
それで排気温度と言ったら1000℃とか、それ以上だったりして、

壊れない方がおかしい。

日本人は人より多く残業して、がんばってがんばってそれをモノにして、
世界に冠たる自動車王国を築いてきたのですが、


電気自動車作ればエンジン要らなくなるじゃん!?

まあその代わり電池が難しいというものの、トータルで言えば
良い電池さえ買ってくれば、どこでも作れる電気自動車。。

それが皆わかっているから、電池屋さんにお願いをしてます。
頼むから、他に売るなら目玉飛び出る値段で売ってくれ。。


つづく

 
Jan 30 2017

ニッポンのものづくり(3)

作者 trybeer   
2017年01月30日

前回、前置きだけで終わってしまったので今回は前置きなしでw

・・

高度経済成長期以降、ニッポンのものづくりを成長させた合言葉に
「良いモノを安く」というものがあります。

これは戦後の日本経済の基本のような金言で、
モノは同じ品質なら安い方が当然売れて、また同じ値段なら必ず良いモノが売れる、
という当然一緒にはならないはずのリクツを、
無理なことをがんばって達成するんだ!という日本人の精神にピッタリはまった
流行語大賞ということですね。

しかし、最近の日本のモノづくりをみていると、「品質が良いのは
当たり前で、その上で安く安く」に変節しているんじゃないか、と
いう気がしています。

とにかくコストダウン・ファーストw

でもそう考えていくと、人件費の安い国に勝てないのがわかってきて、
何をしてよいかわからない状態に陥って、
働けど働けど、日本人の暮らしラクにならず的な。

そろそろ考え直す時期だと思っています。
私が言いたいのは、

「良いモノは高く売れ」


つづく

 

 
Jan 28 2017

ニッポンのものづくり(2.5)

作者 trybeer   
2017年01月28日

人間、年齢を重ねるとモノ忘れというか、ボケが始まります。

自分の心の中に収めておけば良いのですが、どこかから自慢したくなるほど
ボケてきます。
 
 
昨日名古屋に出張しました。
 
最近手に入れた○○ペイにSuicaを登録しておけば、
地下鉄改札もピッ、新幹線はスマホで昨晩ピッと予約したのに、
地下鉄の中で確認してみたら、乗る駅が東京からになっていて、
新横浜からに変更ピッ、新幹線ゲートでピッとかざすと、
座席券がピッと出てさっき変更したとおりになってて得意顔。
 
新幹線でウトウトしていると、
「この列車は三河安城駅を予定通り通過しました」とアナウンス。
三河安城駅は予定通りの代名詞。
 
 
さて、お昼だからきしめんでも食べようか、と内ポケットを探す、
「・・・? ない」カバンにもない、コートにもない。財布忘れた(汗)
こういう時に自分のボケぶりに気づいてゾッとするわけです。
(使うかわからんスマホの予備電池入れてきたのに、財布忘れるか)

マジボケです。
 
 
しかししかし、ここからがニッポンすごい。
私が持っているのは、小銭600円と〇〇ペイのSuicaのみ。
幸い昨日チャージしたので残高1万円ほどある。
名古屋駅では、Suicaピッできしめん食べて、そこからまた地下鉄でピッ、
ちゃんと会合の場所について、終わってまた地下鉄ピッ、
新幹線はスマホでスッと予約、新横浜からまたSuicaでピッ。
 
なんと財布なしで無事名古屋往復に成功です。
 
 
自分のマジボケと、ボケてない人たちが作った便利なピッ、
このあまりの差に情けないやら、感心するやら。。
 
・・・
 
またどうでも良いことに行を使ってしまった。
本題は次回!(あああ、すみません)
 
 
 
 
 
 
 
 
Jan 11 2017

ニッポンのものづくり(2)

作者 Trybeer   
2017年01月11日

普段まだまだ若いつもりで、「なにげに違和感なくね?」
などとしゃべっているものの、未だに抵抗ある言葉。

店員さん:「ありがとうございます。お箸は大丈夫ですか?」
Trybeer:「?」
店員さん:「あの、お箸は大丈夫でしょうか??」
Trybeer:「??」


何度言われても、「大丈夫ですか?」の問いにわたくしのアタマ反応致しません。
(割りばしアレルギーあるかとか、そういう質問か?)
(割りばしは嫌いだから、普通のお箸を買え、というセールスか?)

こういう事を言っていると学生に嫌われるのでやめとこ。


・・・


さて、ニッポンのものづくりは大丈夫ですか?(笑)


ひとことで言うと、日本はあまりに細かいところまで検証している
せいなのか、極度に発達した製品群の中で、他との整合性を取らないと
いけないせいなのか、完璧主義なのか、


製品開発の方向性の問題と、時間がかかり過ぎの問題があるんでないか。


特に携帯電話機や家電的なものでの日本製品の凋落ぶりは甚だしく、
低価格のものから、液晶テレビあたりまで厳しい状況になってます。


まだ日本製が強いと言えば、ドアの多さを競う冷蔵庫とか、
ドラムが斜めになった洗濯機とか、かまど炊きみたいな電気炊飯器
くらいのもんでしょうか。


世界中で売り捌こうとすると、低価格のものでないとシェアは獲得
出来ないので、端から競争もできず、
高価格を許してもらおうとすれば、何か付加価値というか、
他にない機能を入れなくてはならないと言われて、
〇ラ〇〇ク〇スタ〇みたいな意味不明の機能とか、
勝手に製品が自分でフィルター清掃してくれるような
「まあ、あったら便利だけどね・・なくてもいいやね」的なものしか
ウリがない、みたいな。。


挙句、日本の神経質な除菌好きなユーザーにしか売れない、んじゃ
ないですかね。


しかし、そんな家電業界の低成長の見本みたいだった掃除機、扇風機と
いった市場で、驚くような仕掛けもあるわけではないのに、
高い値段でプレミア的に売れているダイソンあたりを見て、


何か感じないといけないような、気がしますけどねえ。

(つづく)

 
<< 最新号 < 最近へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 以前へ > 創刊号 >>

結果 11 - 15 of 603
Dec Dec 2019 Jan
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

Archive

Last comments

by Loan at 2018-06-26 18:42
by Loans For Bad Credit at 2018-06-25 01:07
by Payday at 2018-06-22 18:46
by Best Payday Loan at 2018-06-21 23:54
by Speedy Cash at 2018-06-20 11:16
by Payday Loans at 2018-06-18 15:31