原油高どこまで?

NY先物原油の価格が1バーレル100ドルを超えたそうです。

いやはや大変です、これは。
巷で言われている原油高の原因は、

1.中国、インドなどの新興国が急速に原油消費を伸ばしていること。

2.産油国の生産能力がそれに見合うほど上がっていないこと。

3.サブプライムローン問題の影響で、投機マネーが原油相場に流入している事。

おそらく、3の影響がものスゴイ大きいんだと思いますけど、
だとしたらなかなか下がりませんよ、これは。

マネーゲームですから、6ヶ月先の原油を100ドルで買っておいて、
その先が下がるとわかっていれば誰も100ドル原油買わなくなるから、
相場維持のために、またそれ以上の値段をつけにいくことになるんで、

資金が続く限りは、どんどん上がることになりますもんね。

いやはや、迷惑な話だ。

・・・

しかし、これだけ原油が高くなると、脱原油の動きもしやすくなるはずです。

例えば、ハイブリッド自動車はプリウスで、同じ車格のガソリン車の40万円高と
いわれています。

月1000km走る一般的な人で、一般的なガソリン車の燃費をリッター9kmと
すると、年間で1333リッター使いますから、
ガソリン・リッター155円として年間20万6千円。

これをハイブリッド車にすると、リッター18km平均としてガソリン使用量は
半分の666リッター=10万3千円。

年間10万円強安くなり、4年乗れば元が取れますから、
単純な計算で、ハイブリッドが売れていくことになります。

ハイブリッド車が売れていけば、電池のコストはどんどん下がっていき、
そうなると現在はコスト高でなかなか進まないリチウム・イオン電池への移行も
早くなってくる。
(リチウムイオン電池の方が、同じ大きさ重さで沢山の電気を蓄えられる)

リチウムイオン電池が大量に出て安くなってくれば、電気自動車もどんどん
実用化に近くなる。

電気自動車が増えてくれば、充電に使う深夜電力も増加してくるので、
皆さん深夜が安くて、昼間が値段の高い時間帯別電気契約にしたくなるけど、

そうなると、深夜電力をもっと使ってお湯も沸かしたほうが得だと気がつくので、
深夜電力利用のエコキュートがますます増える。

すると昼間の電気代が高いことが気になるので、
昼間に発電する太陽光発電をつけたくなってくる・・

そうです。

原油高になると、太陽光発電の人気があがるのです(笑)
(風が吹いて桶屋・・よりは現実的だと思うけど)

みなさん、今年もこんなんですわ:苦笑)

2 Comments

  1. 元気ですか〜

    最近ガス屋の陰謀か
    ハイブリッドは電磁波が・・・
    と言う人が多いのですよ〜

    私は、赤外線も紫外線も
    電磁波ですがなにか?

    と言っていますがどうも
    上手く説明できません。
    エセ科学の奴らをギャフン
    と言わせたいのですが
    良い説明ありますか?
    もしありましたら、ご教授
    下さいませ。

  2. NS

    電磁波の件ですね、ちょっとお時間ください。

    エグザクトなアンサー出します(もういいか)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *