株式会社ディ・ディ・エス

DDS Engineering Company

Feb 27 2008

取説の憂鬱

作者 NS   
2008年02月27日

電話代下がるかと思って、携帯のキャリアを代えました。

当然、電話機も代えることになりまして、ちょっとパニックです。

何でってこの取説・・   *

 

携帯端末を代えるたびに襲ってくるこの恐ろしいページ数の取説。

私も若いうちは大の”取説好き”で、これを隅から隅まで読むということは、
まるで新しい発見を探しに旅立つインディ・ジョーンズよろしく
ウキウキの読書だったのに(・・バカでしょ、まったく(笑)・・)


今ではもう、硬くて枕にもならないただの分厚い本でしかなくて、

いきなり使って、とんでもない着信メロディが鳴ってしまい、
慌てて変える時に1回、

会議中にマナーモードに出来ずに、どうやってマナーモード
にすんだぁ・・と調べる時に2回目。


何かヘンなボタンを期せずして触ってしまって、表示画面に何やら
意味不明の絵文字が登場した時に、ウザイと思って3回目。



インディ・ジョーンズどころか、取説の頁も三度までだわ、せいぜい。



私的には、こういう機械モノは説明がいらない、取説が要らないほど
成熟したモノだと思っております。
そういう意味では、

日本のケータイ、芸多くして未だ成熟せず。って感じですか。


・・・・

そこへ行くと、太陽光発電は取説いらず。
ほっといても勝手に動いてます。

今日は昼前でようやくですが1700Wを超えてました。

この時間で1600Wを超えてくると、もう春はそこまで、来てます。

 

 

 
Feb 25 2008

Q-cells

作者 NS   
2008年02月25日

Q-cells(キュー・セル)って何?

これは、ドイツの太陽電池メーカーです。
今まで、太陽電池の生産量は御存じシャープが世界一を維持してきましたが、
どうも2007年の統計では、このQ-cellsが世界一の生産量となった模様です。


日本ではまだ発表になっていないので、正確な数字はわかりませんが、
このニュースでいえば、以下のとおり。


   Q-cells    (独) 370MW

   SHARP   (日本)  363MW

      Suntech Power  (中国)  363~365MW

 


このままだと、どんどん追い越されていきそうですね・・
政治の強力な意志が必要な時期に来ていると思います。

 
Feb 24 2008

太陽光発電かくあるべし

作者 NS   
2008年02月24日

今日は、昨年12月に完成した知人宅の新築祝い。

太陽光関係者だけあって、太陽電池の配置をメインに家のカタチを考えたという
まさに太陽光ハウス。


まずは写真を・・

*

 

 

非常にモダンな感じにまとまっております。

太陽光8.56Wあるとですね、何が違うと言ってもう全然違う(笑)
一ヶ月の電気代は全部太陽光でまかなって、余った電気は売電して東電から振込がある。


売電の方が多いと、電気料金が上がれば上がるほど得をするということになります。

毎月毎月、買う電気代より売る電気代の方が5000円とか6000円とか上回っていて、
電気代が上がれば、その5000円が5500円になっていったりするわけです。


自分の家の電気使用量を上回る太陽電池を搭載すれば、
電気料金が上がると、その分儲かるという、

これこそ太陽光かくあくるべしの、見本みたいな太陽光ハウスでございました。

 

う~ん、なるほどこれなら電気代は気にならないどころか、値上げが楽しみで、
ホクホク顔のオーナー、原油高騰を見越した(?)作戦に尊敬の念。


なるほど、これこそ原油高時代を生き抜く妙手かもしれません。

 

 

 



太陽電池 8.56KW 搭載で、本当に屋根はその大きさに合わせて決めて、
それに合わせて間取りを決めていったというウソのような本当のハナシ。

 
Feb 20 2008

いつまでもクラウン

作者 NS   
2008年02月20日

誰もがみんな知っているあの、トヨタ・クラウンが13代目のモデルチェンジを発表しました。

私がクラウンの話題なんて似合わんとお思いでしょう、自分でも多分クラウンは買わない
(買えない)と思うんですが、

そんな私でも、クラウンにはトヨタが世界一の自動車メーカーになった理由があると思い
ました。

・・・

初代クラウンは、なんと私もまだ生まれる前の1955年発表。

そしてキッチリ4年に一度の周期でモデルチェンジを行い、今回が13代目
(あれっ、どっかで1年計算違った?)


何がスゴイって、このクルマ最初から今まで、ズーッとFR(フロントエンジン、リヤドライブ)で、
途中シャシー・フレームをモノコックに変えたのが大きな変化でしたが、
52年間ずっと同じ路線、同じユーザー層、基本的には同じメカニズム、で4年毎に、
少しずつ改良に改良を加えてきたわけです。


そんでまた、長い間トヨタで一番売れてるのがカローラで、2番目はクラウンだったなんて、
とんでもない売れ方で、


そりゃ、完成の域に来ますって。


他社は、こんな芸当できません。

あっちフラフラ、こっちフラフラ。何十年も同じ路線で改良を重ねる余裕などなく、
若者向けに振ってみたり、オヤジ路線にしてみたり・・クラウンみたいな芸当は絶対に
出来ません。


この手堅さ、愚直なまでの路線継承、蓄積された技術の重さ、そして少しずつ採用する
新技術(今回はハイブリッドもあります)と、誰が見てもクラウンとわかるしつこさ(笑)


「いつかはクラウン」というCM見て、「いつまでクラウン?」と言っていた私ですけど、
こりゃひょっとして、「いつまでもクラウン」かもしれませんね。


ある意味、ベンツより筋が通ってる感じがお見事です!

 

 

 
Feb 18 2008

鉄とコンクリートと太陽電池

作者 NS   
2008年02月18日

なんだか今日の題、「部屋とYシャツと私」みたいだ(どこがじゃ)

・・・

もちろん、そんなヤワな話じゃないんっすけど。。

 

今日は営業がてらその辺を走り回りましたが、年度末にかけて恐ろしいくらい道路工事
やってます。新しい道路作ったり巨大な橋なんかをそこいらじゅうで。


それを見上げるたびに、


「こんなにたくさん鉄使って、鉄ってのはなくならないのか?」

「コンクリートってのは、なんで水混ぜるだけでこんなにうまいこと固まるんだ?」

 

と毎回感心してます(普通そんなこと感じないだろ)


太陽電池はちょっと売れ出すとシリコン材料(というよりシリコンを精製する生産設備)
が足りなくなって品薄だ品薄だ、と言ってます。 もう何年もです。

 

・・・


高架の高速道路や橋やビル見ると、太陽電池も鉄を見習え、って言いたくなります。

太陽電池なんて、街中ではまだまだ全然見ないくせに、すぐシリコン材料ないなんて・・、
鉄なんてまあえらく昔からヤマほど使ってるのに”原料がない”なんて聞いたことがない。


さすがに昨今の中国景気で少しは品薄になって値段上がったのかもしれませんけど。


それでもまあエライもんです。
あんなに便利で、1kg=100円ほどの“安さ”ですから。
(ペットボトル水より安い!?)


・・・・

コンクリートもエライですよ(なにがじゃ)


あれ、セメントに砂混ぜて水入れたら固まるんですからね。
水入れてあんなにうまいこと固まるなんて、驚き以外の何物でもない(・・・)


だいたい何でも水入れたらフヤケるんです、米だってカップヌードルだって。
コンクリートは水入れて固まるんだもんなぁ(・・・・)


まあ鉄筋は入れるにしても、あの巨大なダムとか、セメントに水混ぜて出来るなんて。

つくづく素晴らしい発明だ。


・・・・・

 

太陽電池も今に、ここにもそこにも設置されてるようになって、
「あんなガラス板でこの辺の電気を全部発電してるなんて信じられない」

な~んて言われるほどになってもらいたいモンですけど、

 

そうとう、まだまだ先でしょうねえ。。

 

 

 

 
<< 最新号 < 最近へ 1 2 3 以前へ > 創刊号 >>

結果 1 - 5 of 11
Feb Feb 2008 Mar
SMTWTFS
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 

Archive

Last comments

by Loan at 2018-06-26 18:42
by Loans For Bad Credit at 2018-06-25 01:07
by Payday at 2018-06-22 18:46
by Best Payday Loan at 2018-06-21 23:54
by Speedy Cash at 2018-06-20 11:16
by Payday Loans at 2018-06-18 15:31