株式会社ディ・ディ・エス

DDS Engineering Company

Oct 17 2005

中国、中国、中国・・

2005年10月17日
ゴルフに行かないか?と誘ったGPS業界の友人から深夜にメールが来て、
「今、営業で北京にいる」って言われて、「へー、中国!」

液晶業界で、3ヶ月に2ヵ月は中国に行っている別の友人から、
「仕事の都合で急遽また中国に戻ったから今週はお前の家に行けない」と
電話があり、「へー、そちらも中国!」

そうかと思えば、先週末は上海でF1をやってるし、
例のガス田には、パイプラインの材料を積んだ中国の船が向かってるし、
時期をずらした小泉さんの靖国参拝では、またまた中国からの非難轟々だし・・

・・・・・・
まあ、どこを見ても中国、中国、中国。

中国は今や日本にとって、壮大なマーケットであり、同時に安価な製造コストを
得られる工場であり、日本の製造業のノウハウを圧倒的な速度で自分のモノに
していってるライバルであり、政治的にはいつもいつも手強い相手である。

戦後ずーっとアメリカだけを見て、「長いものには巻かれろ」という諺どおりに
親分に服従して、ある程度の経済的繁栄を許してもらうという手法できた日本と
しては、

”追いつくにはまだまだ時間がかかるだろう”と思っていたのに、想像を超える
速度で迫ってくる手強いライバルに対処するための諺が思い浮かばないのだ。

・・・・
今や中国は、もはや「巻かれるべき長いもの」なんでしょうか・・

確かに人口は10倍だし、資源的にも比較にならないんですけども、
今、中国は、「社会資本の整備」とか「エネルギーの確保」に躍起と言う局面であり、

「環境に配慮したエネルギーの効率的運用」局面にある日本とは、まだまだ
相当の差があります。

家電製品や衣類に関しては、今後も中国製品がシェアを伸ばしていくのでしょうが、
発電所などの排気浄化システム、自動車排気ガス対策システム、ハイブリッドカー
技術、太陽電池パネルの製造技術、コージェネ技術、バイオマス関連技術・・

こういった環境関連技術に関しては、現在の日本の優位は圧倒的で、
これこそ官民一体で、今後も他の追随を許さない覚悟を持つべきだと思いますね。

これからの日本を支えていくのは、この産業なのであります。

衆院選に出ればよかったか、私。

・・・・・・

いっそ、靖国神社の屋根を太陽電池にすれば、小泉さんも「環境問題視察」って
言えたかも・・ああこんなこと言うと太蔵クンみたいに怒られそうだぁ。

              コレには負ける中華街





 
Oct 12 2005

ドイツの総選挙

2005年10月12日
なんだか急に冷え込んじゃって・・・ああ鼻水が・・・

大リーグの松井も、F1の佐藤琢磨も、一気に評価が冷え込んじゃってああ残念。
また来年も期待したいんだけど、二人とも来年契約できるんでしょーか・・心配。

さて、日本の太陽光発電の動向に、エラく影響を及ぼしてるドイツの太陽光発電
ですが、今回の総選挙で情勢がどう変わるのか、注目ですね。

多分、太陽電池メーカーさんもこれ気になるでしょうね。

少し解説。

ドイツの今までの与党は、社会民主党、党首はシュレーダー首相。
この社会民主党政権で、新エネルギー関係が相当優遇され、太陽光発電に
至っては、売電価格を購入価格の3倍にするなどの積極姿勢が功を奏し、
単年度では世界一の日本を抜き去った。

日本製太陽電池がドイツで爆発的に売れ、日本国内の品不足を引き起こして
いることはこのコーナーで何回も紹介したとおり。

ところが、このシュレーダー首相の社会民主党は人気がどんどん落ちて、
夏前には野党第1党のキリスト教民主同盟に支持率で大きく負け越し、
ついに総選挙、政権交代かと思われました。

が、選挙をやってみるとそこは政権政党の強みで、結果は大激戦。
最初は惨敗かと思われた与党社会民主党は、キリスト教民主同盟に
4票差まで肉薄する結果となり、結局どちらも単独過半数を取れない状況に
なったわけです。

ああ、単独政権が取れないと、両者はあの手この手で少数政党の連立目的
囲い込みに入りましたが、どこもかしこも調整取れず・・

それでどうなったかと言いますと、これがなんとまあ驚きの、
1位のこれまで野党のキリスト教民主同盟と、2位の従来の与党社会民主党の
大連立!

そんなんありか・・という声もなんのその。

社会民主党は、首相こそキリスト教民主同盟の女性党首メルケルさんに
譲ったものの、しっかり大臣ポストは14個のうち8個を確保し、名より実を
取った格好。

こうなってくると民主主義もへったくれもないな、とヘンなのは日本だけじゃない
じゃん、とヘンな安心をしたりして(苦笑)

・・・・

この連立政権が、太陽電池への政策をどうしていくのか、が非常に重要な
関心事なわけです、私にとっては。

新政権が従来の政策を続ければ、ドイツの太陽電池需要はますます大きく、
日本の太陽電池メーカーはますます輸出割合を上げ、利益を上げて
価格競争の厳しい日本国内には、代理店に対して「先行予約を入れないと
パネル供給できないよ・・」 とうそぶく状況は来年も続くのかと・・

これはたまらんです。 本当に苦労してますから・・パネルの仕入れ。

メルケルさんが太陽電池好きだと、私が風邪引く・・
私が風邪引くようなら、太陽電池メーカー利益増大!

みなさん、情勢みて太陽電池メーカーの株で勝負できますよ。

ああ、私は風邪引きそう。

        asahi.comから引用
 
Oct 04 2005

熱っぽい・・地球

2005年10月04日
松井選手のヤンキース、あっと驚く逆転地区優勝でした。

でもたいへんですね。開幕が4月1日でシーズンは9月30日(正確には10月3日)
の半年間ですから183日間。

それで試合数が162試合。 シーズン中のお休みはわずか20日間ほど!?

日本のプロ野球が同じ期間で、146試合ですからお休みは37日間。
大リーグの2倍のお休みがあるわけです。

そんなにしんどい大リーグに、なんで皆行きたがるんでしょう?
日本で安泰にプレーした方がいいんじゃないの?って言いたい選手も少々(笑)

休みもなく、ちょっと調子を落とすと容赦なくトレード&クビ切りという男たちの
熱い戦いの毎日が人気の秘密なのでしょうか。

あれで松井さんもよく風邪も引かないものだと感心します。
人間は、疲労があっても、緊張と言う魔法の薬で相当それをカバーするわけです。
でもほんの少しでもホッとしたりすると、風邪も引いたりしますわね。

私なんぞ何年も風邪も引かず、かわいくないの権化みたいなもんですが、
人間たまには風邪でも引いて、弱みの一つも見せてバチはあたりません。

ご自愛くださいね。

・・・・・・・・・・・・


さて、今年は世界中で台風が大型化して、大きな被害をもたらしています。
台風やハリケーンの発生する地域の海水温が高いのが原因だとか・・

やはり温暖化の影響大なんでしょうか・・

まあ我々人間は、地球を暖かくするようなことはやっているのは確かでも、
地球を冷やすような行為はしていませんからね、一切。

台風もそうですが、少し前に朝日新聞には「CO2増加で海水酸性化、サンゴ
溶解も・・」
と言う記事もあり、これには正直ヤバイなぁ・・と思いました。


地球の温暖化やCO2問題は深刻になる一方で、まるで我が地球は風邪引いて
少しばかり熱っぽいようです。


「気候変動」と言う意味では影響が出るまでに相当長い時間がかかるし、
やれ、その影響かどうかの検証してると結論が出た時はもう遅い、っていう話に
なりそうですが、この海洋生物への影響はもっともっと速く出るらしく、
「早く何か手を打つべきですよ」と研究チームは提言しているわけです。

人間なら少しは寝ようか、と言うところですけど、
地球には寝てもらうわけにも行かず・・・・


特効薬はないかもしれない地球の熱・・・・下げるまで行かなくても
上がるの止めたいですね、そろそろ。


             野口さんも感動した青い地球


  余談:そんな地球を実際見てみたい方にはいいサイト見つけました。
  コチラへ・・・ウケます。
 
Oct Oct 2005 Nov
SMTWTFS
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

Archive

Last comments

by Loan at 2018-06-26 18:42
by Loans For Bad Credit at 2018-06-25 01:07
by Payday at 2018-06-22 18:46
by Best Payday Loan at 2018-06-21 23:54
by Speedy Cash at 2018-06-20 11:16
by Payday Loans at 2018-06-18 15:31