株式会社ディ・ディ・エス

DDS Engineering Company

Apr 16 2004

どのくらいのシステムを設置すればいいの?

2004年04月16日

4月も中旬、まだ寒い日もありますがここ神奈川県綾瀬市の今日はとっても暑いです。
お恥ずかしい話、私の家では5月連休くらいまでストーブを出していて
5月の2週間ほどは天然の風に親しみ、そのあとは何とクーラーつけてたり
します。はい、省エネの意識不足してます、すいません(汗)
・・とにかく、いい陽気になってきました。

さて、太陽光発電システム自体は吉永小百合さんのCMのおかげか、
随分知名度も上がってきましたが、まだ設置をされていない方は
「一体、どのくらいの容量をつければいいもんなの?・・でも恥ずかしくて
こんなこと聞けない」とお思いの方が意外に多いみたいなんです。

今日はその質問にお答えしましょう。
答えは「好きなだけつければいいんです」・・これでは答えになっていない。
でも、本当はそうなんです。

一般的には、3KWとか4KWが一般的です。何故かと言うと、
屋根の大きさがせいぜいそのくらいの大きさだからです。
3.5KWの結晶系のパネルを載せると、おおよそ面積は30?必要です。
(メーカーやモデルにより差異あり)
30?って言うと5m×6mですからね、それでも随分大きな屋根です。 

電気的にはどうなの?家の電気を全部賄うくらい必要なんじゃないの?
という質問には、「いいえ、それは気にしないでいいです」と答えます。
何故かと言いますと、このシステムは良く出来ていて、太陽電池で
作った電気はまず自宅で消費されますが、足りなければ従来どおり
足りない分だけ東京電力から買いますし、余ればなんと東京電力に
(電柱に)戻せるからです。(ここは神奈川県なので・・)

ご家庭の使用量に対して大きな太陽電池を設置すれば、東京電力に
売る分が多くなりますし、太陽電池が小さくてもその分は確実に
東京電力から買う分が減っていますから、対費用効果は変わらない、と
お考え頂いて良いと思います。

工事費用がだいたい設置KW数に比例していますから(約70万円/KWあたり)
大きな費用をかければ、電気代の削減効果はその分大きく、
小さなシステムでもかけた費用に見合った電気代の削減になります。

それでもどっちが得か言え(笑)というお話であれば、ちょっとややこしい
ですが5KWくらいのシステムがトクと言えばトクでしょうか・・

理由は、インバータ1基の能力がだいたい5KWくらいなので、
5KWくらいまではインバータ1基で済むからです。2KWでも5KWでも
高いインバータは1基必要です。
もう一つは、電気代の3段目料金の減少です。
ご存知ですか? 電力会社は電気をいっぱい使う人には割引するのか、
と思ったら逆なんですよ!使えば使うほど単価が高くなっていくんです。
つまりは、太陽光発電で大きく発電しておけば単価の高い電気を
使わなくてよくなりますから。

追加でもうひとつ。
バッテリーは要らないのか?という質問には、非常時の備えという意味では
有効ですが、経済効果を考えるとやらないほうがいいです、と答えます。
理由は、バッテリーの充電っていうのはかなり効率が悪いからです。
そのくらいなら、ダイレクトに東京電力さんの電柱にお返ししたほうが
効率100%で買い取っていただけますから。
それにバッテリーは5年くらいで交換しなければなりませんし・・

長くなりましたが、こんな感じです。

 
Apr 08 2004

平成16年度補助金正式発表

2004年04月08日

このコーナーでは既に何回か”予想”としてお知らせしておりましたが
4月8日に、昨年度の9万円/KWから半額の4.5万円/KW で正式発表です。

今年度の場合、気をつけなくてはならないのは予算に達し次第補助金交付は
打ち切られるということです。 じゃあいつまであるの?というのが気になりますが
正直全然わかりません。

私の全く無責任な推測ですと、夏までがせいぜいかな・・という感触です。
まあこの金額になってきますと、もう補助金はないものとお考え頂くべき、と
いうことなんですが、そうは言っても・・導入を検討されていらっしゃる方は
なるべく早めにご連絡下さい。

 
Apr 01 2004

色々なデータ

2004年04月01日

入学式を待たずに桜は満開です。
先週までは少し肌寒い日も多かったですが、今週はすっかり春です。
ヤンキース松井も期待通りホームランを打ってくれて新しいシーズンは
期待が膨らむ一方です。

さて、3月31日を以って平成15年度の太陽光発電導入基盤整備事業
は終了いたしました。今日は、平成16年度の夜明け前ということで、
これまでの太陽光発電にまつわる色々なデータを紹介します。
データの出典はいずれもNEF(新エネルギー財団)HPからです。

1. 年度別の全国の設置件数
前年比
平成10年 6,352件 実績
11年 15,879件 実績 250%
12年 20,877件 実績 131%
13年 25,151件 実績 120%
14年 42,838件 応募者数 170%
15年 52,339件 応募者数 122%

これで平成6年からの累積件数は約169,000件となりました。
全国の世帯数は、約4800万世帯ですから普及率は約0.35%です。
おおよそ1000件に3件しか設置されていないことになります。


2. 都道府県別設置件数ベスト5

平成6年〜13年の設置件数累計の都道府県別ランキング

・設置件数の多い県 
普及率*
1位 愛知県 4650件 0.18%
2位 兵庫県 4314件 0.20%
3位 長野県 3575件 0.46%
4位 静岡県 3556件 0.27%
5位 神奈川県 3379件 0.10%

・設置件数の少ない県

1位 秋田県 225件 0.06%
2位 山形県 261件 0.07%
3位 沖縄県 265件 0.05%
4位 青森県 267件 0.05%
5位 鳥取県 269件 0.13%

・普及率の多い県

1位 長野県 0.457%
2位 香川県 0.436%
3位 宮崎県 0.414%
4位 佐賀県 0.400%
5位 滋賀県 0.367%

・普及率の少ない県

1位 北海道 0.042%
2位 東京都 0.051%
3位 青森県 0.052%
4位 沖縄県 0.054%
5位 秋田県 0.058%

*普及率:設置件数を全世帯数で割った値

・地域別年間日射量データ・・東京を100とした場合・・
http://www.sharp.co.jp/sunvista/industry/estimate.htmlより出典

札幌 104
仙台 102
東京 100
金沢 97
名古屋 110
大阪 105
鳥取 92
高知 112
宮崎 114


都道府県別のデータとしては、平成13年までしかないので普及率%は
上述のデータより低くなっています。
平成14、15年でそれまでの累積を越える件数が設置されていますので、
現在はこのデータの倍くらいの普及率になっているはずですが、
普及率1%=100件に1件程度の数字になってくると街でも相当目に付く
という感じなってくるはずです。
”急速に普及する少し前”って感じです。

地域的には日照時間の長い太平洋岸の地域が件数上位になっています。
普及率で言えば、四国、九州が高水準。
日射量データから言っても、四国、九州は良いですもんね。
長野県は特出して普及率が多いですが、県の補助金政策が大きく
影響しているようです。

積雪地域では、件数、普及率ともに厳しい値になっています。
雪の降る冬には太陽光発電どころじゃない、って感じでしょうが、
上記の日射量データから見ると、意外にも東京に比べてそう悪いわけでは
ないのに・・・って感じです。

3. 価格の推移

平成13年度の平均 ¥69.1万円/KW
平成14年度の平均 ¥72.7万円/KW

平成15年度はまだNEFから発表されていませんが、やはり70万円/KW前後
で推移していると思います。
従って目安としては、3KW=210万円、4KW=280万円ということです。


少しは参考になりましたでしょうか?

 
Apr Apr 2004 May
SMTWTFS
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

Archive

Last comments

by Loan at 2018-06-26 18:42
by Loans For Bad Credit at 2018-06-25 01:07
by Payday at 2018-06-22 18:46
by Best Payday Loan at 2018-06-21 23:54
by Speedy Cash at 2018-06-20 11:16
by Payday Loans at 2018-06-18 15:31